ニュースリリース

在宅で健康リスクチェック 医療法人社団青十字会が郵送検査キットの提供開始

 新型コロナウイルス感染症対策により、外出自粛や在宅勤務など私たちの生活に大きな変化が起こっています。私たちの健康を守るうえで大きな役割を果たしている健康診断にも影響がでています。
 この状況下では、健康診断を延期または中止している団体も多く、ある健診機関では4~6月の健康診断延期率が約98%だそうです。しかし、新型コロナウイルス感染症は基礎疾患を有する方の重症化リスクが高い(糖尿病、心不全、呼吸器疾患など)という情報もあり※1、基礎疾患の有無が気になる方や在宅の生活が長引くと体調に不安を覚える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 こういった状況をうけ、一般社団法人LifeMaintコンソーシアムのパートナーである医療法人社団青十字会では、在宅で健康チェックができるよう郵送検査サービスを提供することとなりました。
 郵送検査サービスでは、ご自身で指先採血を行い検体を郵送、結果をメールで確認できます。自宅にいながら健康チェックを受けることができます。今回、医療法人社団青十字会では、「予防がいちばん!健康チェッカー」のご提供いたします。

予防がいちばん! 健康チェッカー

 郵送検査サービスでは以下の項目の検査が可能です。

  • 脂質のチェック
    • TC(総コレステロール)
    • TG(中性脂肪)
    • HDL-C(善玉コレステロール)
    • LDL-C(悪玉コレステロール)
  • 血糖のチェック
    • Glu(血糖)
  • 肝機能のチェック
    • GOT(AST)
    • GPT (ALT)
    • γ-GPT (ガンマGTP)
  • 栄養状態のチェック
    • TP(総タンパク)
    • アルブミン (アルブミン)
  • 腎機能のチェック
    • BUN(尿素窒素)
    • Cre(クレアチニン)
  • 痛風のチェック
    • UA(尿酸)
  • 糖尿病のチェック
    • HbA1c(グリコヘモグロビン)

 

 病院に受診することが困難である今、郵送検査サービスを活用し、ご自身の健康チェックにお役立てください。

※1 新型コロナウイルス感染症は、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患など)を保有している方は重症化するリスクが高いという情報もあります。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00094.html#tokuchohttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html 

【本件に関するお問い合わせ先】
一般社団法人Life Maint コンソーシアム(ライフメンテコンソーシアム)
E-mail : contact@life-maint.or.jp

一覧に戻る

Instagram

お問い合わせ

Lifemaint consortiumについての各種お問い合わせは
下記のリンクのフォームよりお願いいたします。

お問い合わせフォーム